オールSランクの新型エスカレード

世界中の成功者と呼ばれる人々から長年に亘り愛され続けた高級車、キャデラックエスカレードが、ついに新型を登場させました。
この新型エスカレードは歴代のシリーズのいわば4代目に相当し、その高級感もさらにグレードアップしています。
まさにアメリカの高級車にふさわしい装いとなっているのです。
新型エスカレードについては、いろいろとスペックの進化は目立つのですが、あえて小さい点を述べれば、まず日本車にはあまり見かけない特徴的なLEDヘッドライトやLEDテールレンズが、独自の存在感を主張しているようです。
見るからにアメリカ車、高級車、という姿は、多くの道行く人の視線を集めることでしょう。
それからあたりまえのことですが、車にとってエンジンは命とも言える大切なものです。
この新型エスカレードには新開発のエンジンが搭載され、最高出力420馬力、8速オートマとの組み合わせを可能にしています。
このシリーズの高級車はボディーが大きいことが最大の特長となっていますが、このエンジンはその大きな車体においても充分に応えることが可能なのです。
また、その乗り心地にしても快適さを絵に描いたような、そんなラグジュラリー空間が確保されていることも特筆すべきことでしょう。
初代、二代、三代と改良されてきたキャデラックエスカレードですが、新型エスカレードは、そのどの先代モデルよりも快適空間への配慮は充実していると言えます。
たとえば、前席にはヒーターとクーラー機能、電動シートが標準装備、これだけでも快適さが伝わってくるようです。
さらに運転席には贅沢にもマッサージ機能が内蔵され、疲れにも配慮した装備となっています。
新型車の車内はまさにホテル並の豪華さを演出しています。
ゆったりとした空間は本当に落ち着ける設えで、後部座席には9インチ・スクリーンが装備されているのです。
たとえ走行中でも動画などを見ることができます。
ここまでくると、もはや高級車を超えていると言えないでしょうか。
エスカレードには、良い点、欲しい点が満載です。